「東京03」のコントを見てみた

この記事は約5分で読めます。

ゆうです。

東京03のコントに興味がある人やコントの楽しみ方を知りたい人にアクセスしていただき、誠にありがとうございます。

東京03はコントに定評があり、お笑い芸人の間でも人気を誇っているといわれています。

そんな東京03のコントを久しぶりに見たら、評判通りおもしろくてツッコミの度に笑えました。

東京03のコントの魅力とここだけ注意しておいた方がいいかもという点があったので、参考になれば嬉しい限りです!

東京03とは

Wikipediaの引用で恐縮ですが、載せておきます。

東京03(とうきょうぜろさん)は、プロダクション人力舎に所属する日本のお笑いトリオ。略称は「03(ぜろさん)」。キングオブコント2009王者。

Wikipediaより

飯塚 悟志(いいづか さとし)
生年月日 : 1973年5月27日
リーダー兼ツッコミ担当。
千葉県出身。
身長170cm。体重60kg。血液型はO型。
激しいツッコミが特徴。常識人を演じる機会が多いものの、たまに砕けたキャラへと豹変する。

角田 晃広(かくた あきひろ)
生年月日 : 1973年12月13日
大ボケ担当。
東京都出身。
身長172cm。体重62kg。血液型はA型。
ハイテンションなボケが特徴。ヘタレで見栄っ張りなキャラを演じる機会が多く、稀に女装をする。

豊本 明長(とよもと あきなが)
生年月日 : 1975年6月6日
中ボケ担当。
愛知県出身。
身長175cm。体重65kg。血液型はA型。
屈託のない飄々としたキャラが特徴。出番やセリフが最も少なく、たまに女装をする。

Wikipediaより

東京03のコントの魅力とは

演技が上手

コントはあたりまえですが、小道具や演技によって設定や状況を作って進めます。

小道具は雰囲気作りくらいにしかなりません。

そのため、設定や状況を伝えるためには演技力が欠かせないんです。

東京03の三人はそれぞれ演技が素人から見ても上手だなと感じます。

声を抑揚や顔の表情、間の取り方、歩き方、リアクションなどどれも秀逸です。

特に、東京03の角田さんは顔の表情が素晴らしいと思います。

ドラマ・半沢直樹に出演できる人はやっぱり違いますよね。

飯塚さんは熱量のあるツッコミが魅了ではないでしょうか。

ボケに対するツッコミの早さと声量、パワーワードの選び方など、真似したくてもできない玄人な技が炸裂しています。

豊本さんは独特な雰囲気でコントのいいスパイスになっていると感じています。

豊本さんが入ることでコントが大きく展開し、笑いに拍車がかかるんです。

豊本さんは角田さんと飯塚さんの二人の化学反応を促進させる補酵素のような存在ではないでしょうか。

補酵素は分かりにくいかもしれませんが、豊本さんが入ることでコントの熱量が活性化するのは間違いありません。

映画を見ているかのような構成力

コントには大きく2種類あり、ショートコントといわゆるコントです。

東京03の場合はいわゆるコントで、1本あたり10~20分で構成されています。

長いコントになると30分を超える場合もあるので、どっちかというと長尺な部類に感じます。

ショートコントはすぐに笑える魅力があるものの、そうくるか!という構成の展開を楽しむことは難しい。

一方、長尺のコントは、序盤に張った伏線を回収して展開を何度も変化させる楽しさや予想外の展開になる点が魅力だと感じています。

東京03のコントには、映画や小説のような構成力があるんです。

序盤はコントの設定や伏線を散りばめるために笑いは少ないものの、中だるみしないように笑いを誘ってくれる気遣いがあるので安心してください。

中盤からは三人の掛け合いが活発になり、コントが展開されていきます。

序盤であった言葉は後半のこの場面のためにあったのか!と脳が喜ぶといわれるアハ体験を堪能できます。

注意点

前振りが長い

長尺なコントのデメリットとして、前振りが長くなる傾向があります。

前振りは伏線なので必要なのですが、せわしない現代人には長いなぁと退屈に感じるかもしれません。

ただ、前振りを飛ばして後半だけ見ても東京03のコントの魅力をすべて味わうことは難しいでしょう。

少し退屈に感じても5分だけ我慢して見てもらえれば、あとは活性化したコントを楽しめます。

伏線回収のオンパレードで、コントを見終わった後に「5分我慢したかいがあった」と感じることでしょう。

僕も正直、前振り長くないか?と思うこともありましたが、一度伏線回収のアハ体験を経験すれば苦痛から快楽に様変わりします。

そして、東京03のコント中毒になるんです。

まだ、一回しか生ライブを見たことがないので機会があったらまた見に行きたい。

まとめ

東京03のコントの魅力は「演技力」「構成力」で、前振りが長くて退屈だとしても伏線なので我慢してほしいという内容でした。

どっちかというとファーストフードのようなショートコントが好きだったのですが、東京03のコントに出合ってからはコース料理のような重厚感のあるお笑いも好きになりました。

これからも応援しております。

最後に

東京03のコントはYouTubeやDVDで楽しむことができます。

YouTubeでは無料で見れるので、ぜひ気軽に見てみてください。

東京03 – 「優しくなりたい」/『第22回東京03単独公演「ヤな塩梅」』より
東京03 – 「家庭訪問は三つ巴」 / 『第14回東京03単独公演「後手中の後手」』より
東京03 – 「スマイルハウジング」 / 『第5回 東京03単独ライブ 「傘買って雨上がる」』より [English subtitles/中文字幕]

東京03のコント中毒になった人はDVDに手を出してもらえたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました