キャンプ・BBQギアを整理してみた

雨飾高原キャンプ場オリジナルホットサンドクッカー やってみた
雨飾高原キャンプ場オリジナルホットサンドクッカー。テントの感じが好み
この記事は約5分で読めます。

ゆうです。

この記事をご覧になっているということは、キャンプやBBQが好きだったり、ギアを集めることが趣味だったりする方ですよね。

僕は今年になってからキャンプやBBQの楽しさに目覚め、ギアを集めはじめた初心者です。

なので、キャンプギアのオリジナルである本家の商品にはまだ手が出ていない状況。。。

いわゆる偽物と揶揄されている商品が多いのですが、今後もっとキャンプにハマったらオリジナルの商品を購入したいなぁ。

それでは、キャンプ・BBQギアをご紹介いたします!

キャンプ・BBQギア

雨飾高原キャンプ場オリジナルホットサンドクッカー

雨飾高原キャンプ場オリジナルホットサンドクッカー
雨飾高原キャンプ場オリジナルホットサンドクッカー。テントの感じが好み

雨飾高原キャンプ場オリジナルホットサンドクッカーはAmazonでは取り扱いのない商品で、ふるさと納税で14,000円で購入しました。

ホットサンドクッカーの相場は大体1,000~5,000円で、中には1万円を超える商品もあります。

おいおい、14,000円がありえないくらい高価じゃないかと思いますが、ふるさと納税のおかげで実質2,000円で購入できたことになるので安心してください笑。(雨飾高原キャンプ場のHPで出ている価格は4,500円と高額なのはヒミツ)

ちなみに、雨飾高原キャンプ場は長野県小谷村にあって評判はいいみたいですね。

他人事みたいな評価をしているのは、行ったことがないからです。

そんなよく知らないキャンプ場の焼き印を入れられるホットサンドクッカーを購入したのは、デザインがなんとなくシャレているからという単純な理由でした。

大好きなゆるキャン△をちょっと彷彿させる感じが好きになってしまいました。

ほかの理由としては、プレートが2つに別れる点です。

なぜなら、プレートが別れることで2枚の鉄板として使うことができるからです。

2つに別れないと火に当たっていないほうのプレートがまったく役立たずになってしまうんですよね。

右のプレートで焼き肉をして、左のプレートで野菜を焼くことをしたいので、ホットサンドクッカーを購入するときは、プレートが二つに分かれる商品を絶対選んだ方がいいですよ。

ホットサンドクッカーを購入するときは、プレートが別れることを確認したあとは好きなデザインの商品を選べばいいと思います。

フッ素加工にそんなに違いはないと思っています。

Jetika 焚き火台 焚火シート付

JETIKAの焚き火台
JETIKAの焚き火台

Jetikaの焚き火台は一部のキャンパーから「パチグリル」と揶揄されている商品で、値段は割引が効いて3,000円台(定価は5,280円となっているけれど、おそらくわざと高く表示している値段)。

僕がAmazonで購入した値段は3,222円です。

この形状をした焚き火台のオリジナルといわれるピコグリルの値段は14,000円。

ピコグリルはキャンプ好きならご存じのヒロシさんが愛用していて、使いやすさは抜群のお墨付きがついています。

しかし、初心者にとって1万円を超える買い物はどうしても二の足を踏んでしまいます。

その結果、ピコグリルの4分の1の値段で購入できるパチグリルを買いました。

僕個人としては、パチグリルでもいいのではと思っています。

初心者の者がすぐにピコグリルを使っても最大限活用できるとは思えないんですよね。

であれば、パチグリルをさんざん使った後にピコグリルにグレードアップさせたほうがよさを分かるはず。

使わなくなったパチグリルはキャンプに興味を持った初心者に譲ることで、仲間が増えて資源の無駄にならないから一石二鳥。

僕のようなブランド信仰がない人はパチグリルで焚き火スキルを高めて、物足りなくなったらピコグリルに上位互換させましょう。

焚き火台は色々な種類があるので、見るだけでも楽しいですよ。

ヨーラー(YOLER) 折りたたみコンロ GS001

ヨーラーの折り畳みコンロ
ヨーラーの折り畳みコンロ

ヨーラーの折り畳みコンロは、キャプテンスタッグの類似品として知られている商品です。

キャプテンスタッグが先発品でオリジナルのため、後発品であるヨーラーの折り畳みコンロは偽物という声もあるみたいですね。

ヨーラーの折り畳みコンロは2,200円で購入できたので、3,500円のキャプテンスタッグの折り畳みコンロより1,300円ほど安い計算になります。

まだ使ったことがなく、とりあえず自宅のリビングで組み立ててみた感じでは簡単だった印象です。

もう少しだなという点は、金属の加工の際にできてしまうバリが結構あり、気をつけないと手を切ってしまいそうでした。

少し手間ですが、快適に使うには100円均一などで購入できるやすり(サンドペーパー)でバリを取ることをおすすめします。

キャンプで使ったら使用感も追加する予定です。

折り畳みコンロも焚き火台と同様に様々な形があるので、自分の好みに合った商品をとことん調べましょう。

DVERG×MOTOHASHI TAPE タフフック [A-8001]

DVERG×MOTOHASHI TAPE デイジーチェーン

DVERG×MOTOHASHI TAPE タフフック は、福井県坂井市のふるさと納税でゲットしました。

値段は10,000円で、ふるさと納税の上限額ギリギリを狙うために購入したおまけのような商品。

商品ページを見る限りではキャンプのときにつるす収納ができてオシャレという役割があるようです。

正直、まだ使ったことがないのでどのくらい役に立つかは未知数。

思ったより全然役に立たない可能性が大いにありますが、使用したら感想を残す予定です。

まとめ

キャンプギアをどんどん増やしていきたいなあ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました