「キュウリとじゃこの中華和え」を作ってみた

キュウリとじゃこの中華和え やってみた
この記事は約2分で読めます。

ゆうです。

夏のイメージが強い野菜の一つにキュウリがありますよね。

皆さんはどのようにキュウリを食べていますか?

多くの人は浅漬けにしたり、みそをつけて食べていると思います。

パリッとした歯ごたえが楽しいキュウリをもっと別の形で楽しめないかと考えた結果、中華和えにしてみました。

新たなレパートリーとして十分値すると思うので、ぜひ最後までお読みいただけたら嬉しいです!

材料・費用(2人分)

  • キュウリ・・・1本 58円
  • ちりめんじゃこ・・・大さじ1 40円
  • しょうゆ・・・小さじ1
  • ごま油・・・大さじ1

合計98円

作り方

①左右のキュウリの先端を切り落とし、一口大に切って器に盛る

②キュウリの上にまんべんなくちりめんじゃこを散らす

③全体にかかるようにしょうゆとごま油をかける

しょうゆを先にかけることでキュウリやちりめんじゃこにしょうゆがつき、風味やコクが楽しめます。

先にごま油をかけてしまうと油分でしょうゆをはじいてしまうので、順番は「しょうゆ→ごま油」にしましょう。

あとがき

キュウリは野菜の中でも水分が豊富で、歯ごたえが楽しい食材なので重宝しています。

ただ、キュウリを食べるときにみそ→浅漬け→みそ→浅漬けとマンネリ化していました。。。

なんとか味変させたいと思い、思い切ってごま油をかけたらめちゃくちゃおいしくて。

ここに塩分を加えれば完璧じゃないかと考えた結果、ちりめんじゃこを選択しました。

ちりめんじゃこの乾燥した硬さがキュウリのパリッとした歯ごたえのアクセントになっていてなかなか楽しいんですよね。

歯ごたえがうるさかったり、ちりめんじゃこが硬かったりする場合はシラスにしてみてください!

しょうゆはなくてもちりめんじゃこの塩分で十分まかなえるので、塩分を控えたい人はしょうゆを外してくださいね。

ちなみに、中華和えを一日寝かしたらめちゃくちゃおいしいので、キュウリが余っている人はぜひ作ってみてください。

最後に

キュウリのレパートリーをさらに増やしたい場合は、市販で売られている合わせ調味料を使うのも一つの方法だと思いますのでご紹介します!

コメント

タイトルとURLをコピーしました