【書評】自分の気持ちを大切にしたくなる『変態紳士』

やってみた
この記事は約2分で読めます。

ゆうです。

今回は高嶋政宏さんがご自身のことを綴った著者『変態紳士』の感想です。

『変態紳士』の概要

ここ最近の髙嶋政宏がちょっと変だ。 バラエティ番組でSM好きを公言し、妻(シルビア・グラブ)への異常なまでの愛情を披露、さらには変態的なグルメリポートに……とにわかに話題をよんでいる。そしてこの、ぎりぎりアウトな髭面である。「いったいカレに何が?」 「人ってこんなに変わるもの?」 本書では本人があるきっかけを経て、いわく『変態』へと生まれ変わっていく様子を描き、その先に見えてきたという“生きやすい人生”についてをまとめました。穏やかでマジメに「SM」「スピリチャル」「フェチ」「グルメ」「嫁コンプレックス」などについて綴る、50代おっさんの変態エッセイです。

ぶんか社HP

タイトルに目を疑う

変態紳士。

タイトルからすでにカオスの香りを漂わせていますよね。

色で例えれば、変態は黒、紳士は白、と真逆な組み合わせ。

そんなカオスに、引き寄せられました。

秀逸なタイトル、内容の期待値が勝手に上がってしまいます。

SMの世界って深い

高嶋さんはSM愛好者と著書で公言しています。

十人十色でいろんな癖があって素敵だと思っています。

いろんな癖の中でもマイノリティなSM。

真のSMは想像を超えていました。

頭に爪楊枝を何本も刺されることを楽しむ人がいて、高嶋さんも実際に体験しているんですよ。

いやー、好奇心旺盛な僕でも手を挙げるかは怪しい案件です笑。

自分をさらけ出すってかっこいい

本音と建前。

社交辞令。

マジョリティとマイノリティ。

村八分という言葉がある通り、人は自分と違う存在を排除してしまいます。

理解できないものは怖いのかもしれません。

昔よりかは多様性を尊重されるようになったものの、無意識下まで落とし込めているかは甚だ疑問です。

そんな中、高嶋さんは「SM愛好者」「スピリチュアル」「健康マニア」と公言しています。

賛否両論ある中で、マイノリティであることを宣言するのは難しいことではないでしょうか。

高嶋さんの人のことなんて気にしなくていい!という力強いメッセージを受けました。

まとめ

タイトルはキワモノっぽいですが、内容は心に響くものがありました。

人の目なんか気にせず、自分の気持ちを大切にしてほしい。

そんな高嶋さんの想いを勝手に感じました。

文章の所々に楽しくてたまらない気持ちを感じられる一冊でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました